プロジェクトマネジメント

そもそもプロジェクトマネジメントとは?

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトを遂行するために計画を立て、プロジェクトの目的を達成するためにコントロールをすることです。
プロジェクトが成功するかどうかは、道筋が明確で何をいつすれば良いかダンドリを把握しているかどうかにかかっています。
QCD(品質・コスト・納期)だけでなく、スコープやリスク、ステークホルダーなど、様々な視点が必要になってきます。

そのプロジェクトマネジメントの原理原則として、プロジェクトマネジメントの実務ノウハウをまとめた世界基準であるPMOK(Project Management Body of Knowledge)があります。
PMOKとは、アメリカに本部を置く団体PMI(Project Management Institute)が発行している世界基準で、「10の知識エリア」と「5のプロセス群」のマトリックスから構成されています。
その中に「47のプロセス」があり、現在のIT業界におけるプロジェクトマネジメント基準の中では、この右に出るものはありません。

独自性が求められる”今”だからこそプロジェクトマネジメントが必要に

では、なぜ今プロジェクトマネジメントが必要とされているのでしょうか。
1990年頃まではプロジェクトというと海外のプロジェクトや大規模な部門横断型の業務をイメージされていましたが、2000年頃から急速にグローバル化の進展に伴い、情報化社会におけるスピード性・独自性が求められるようになり、企業や組織のミッション達成のための様々な領域において規模に関わらずプロジェクトという言葉が日常的に使われるようになりました。

このように昨今のビジネスにおける環境変化から、「今までにしたことがない」かつ「ルーチンワークではない」プロジェクトが日常業務で多く取り組まれるようになり、プロジェクトをいかに筋道よく立て、効果最大化を測れるかが重視されるようになりました。
プロジェクトとは、始まりがあり、終わりがある計画のことなので、計画までの道筋が立てられていないと、予期せぬ方向に進んでしまい、脱線してしまい、期限に間に合わないという自体も発生します。
そのため、プロジェクトのゴールに向けて、仕立てる力が必要になってきます。舵取りをする専門家のことをPM(プロジェクトマネージャー)といいます。

誤解されがちなプロジェクトマネジメント、使わない手はない

高い重要性が感じられるプロジェクトマネジメントですが、世の中にあまり浸透されていないのは、技術者の方がスキルアップの一つとしてPMを身につけることが多いこともあり、IT技術がないとできないという誤解があるのも一因です。

ただ、プロジェクトマネジメントを行う際、技術を必要としません。
47のプロセスに則って構造的にQCDにも意識を向けて、プロジェクトを成功させていく道筋を立てていくことは、言葉だけ聞くと難しく思えますが、実はコツを掴んでしまえば、難しいことではありません。
プロジェクトマネジメントは組織が掲げる目標を構造的に効率よく達成するための必須の業務遂行方法にもなるため、現在様々な業界・業種で採用されているほどです。